長さも高さもお好みで!!【イレクターパイプ】のベビーゲートを設置

住宅

ベビーゲートシリーズの第6回ということで、
我が家で実際にDIYして使用中のベビーゲートについてご紹介します。

今回ご紹介するのは、第5回に引き続き
イレクターパイプで汎用性極まる!?自由自在ベビーゲート

今回は作り方や組み立て方を解説する製作編です!

この記事はこんな方におすすめしています

  • DIYで頑丈なベビーゲートを作りたい
  • 売っているベビーゲートが部屋に合わない
  • DIYで作りたいけど作り方がわからない

第2回~第4回で既製品と100均(Seria)のクラフトラックで作るベビーゲートを紹介しました。
これら2つと比べると

種類強度汎用性コスト記事リンク
既製品 ★★★★★ ★★ 詳細を見る
100均(Craft Rack) ★★ ★★★★ ★★★★★ 詳細を見る
イレクターパイプ ★★★★ ★★★★★ ★★★ この記事
3種のベビーゲート比較

値段はそこそこかかるけど、
どこでも使えるし強度もかなり高い。
既製品とCraft Rackの間を取ったようなものです。

  • 既製品でカバーできない所
  • Craft Rackを固定する物が無い所

ちょっとコストはかかりますが、いろんなところをカバーできます。

今回は”製作編”ということで、作り方、組み立て方についてご紹介します。
ベビーゲートに悩むお父さん・お母さん!必見です!

自己紹介

1.【紹介】費用はおおよそ1~1.5万円!こんなベビーゲートを作ります

前回のおさらいですが、
今回作り方を解説していくベビーゲートはこちらです!

イレクターパイプを使用したベビーゲートのハイハイ期

間取りに対してはこんな感じ

LDKのベビーゲート配置①

これは子どものハイハイ期~1歳4ヶ月くらいまで使用していた形です。

現在の姿はこちら

イレクターパイプで作るベビーゲートのその後

こんな感じで加湿器・ゴミ箱・本棚等を囲っています。
間取りに対してはこんな感じです。

LDKのベビーゲート配置②

現在の姿はこちらになりますので、
作り方の紹介も現在の囲うタイプのベビーゲートでご紹介します。

らうぅ
らうぅ

作り方にちょっとしたコツが必要になるのでしっかり確認してね

2.【部材】イレクターパイプは高くない、問題は…

使用する部材の紹介をしていきます。

  • Ⅰ.イレクターパイプとジョイント
  • Ⅱ.突っ張り棒
  • Ⅲ.その他(網・結束バンド)

これらが必要になります。
1つずつどんなものを使用するのか紹介します。

Ⅰ.イレクターパイプとジョイント

まずはイレクターパイプについて。
前回第5回にもご紹介しましたがおさらいです。

イレクターパイプとは

 イレクターパイプとは矢崎化工株式会社の製品です。鉄パイプに樹脂コーティングが施されています。
 専用に作られているプラスチック製や金属製のジョイントと組み合わせる事により、様々な用途に使用することができる便利な製品です。鉄製で強度があるのでベビーゲートの他、棚やベッドフレームにも使用することができます。

こちらがメインのパイプです。

こちらがプラスチック製のジョイントです。

また、ジョイントはたくさんの種類があるのに加え、
専用のキャスターや脚もあります。

らうぅ
らうぅ

パイプの長さや使用するジョイントの種類はベビーゲートの形状によって異なるので、必要なものを探して揃えてくださいね。T字、L字、直角変換…いろいろあります。

ポイントは設置・組立でご紹介します。

ご紹介しているイレクターパイプのベビーゲート、
コストがそこそこがそこそこかかるのですが…

イレクターパイプ自体は思っているほど高くありません。

  • パイプは1.5m(1500mm)でおおよそ600円くらい
  • ジョイントも50円~300円程度

このため、多少パイプを長くしても値段はあまりかわりません。

ちぃ
ちぃ

あれ?コストがかかるって散々言ってなかった?

らうぅ
らうぅ

このベビーゲートにコストがかかる原因はイレクターパイプじゃなくて突っ張り棒にあるんよ。次で紹介するわな

Ⅱ.突っ張り棒

コストがかかる原因はこの突っ張り棒です。

突っ張り棒は小さなものなら100円から購入することができます。

しかしながら、今回は部屋の床と天井で張ります
天井高は2m~2.5m程度ある事が一般的かと思います。

らうぅ
らうぅ

つまり突っ張り棒も天井高さを張れる長さが必要ってこと

ちぃ
ちぃ

ええっ、そんな大きいのあるの?

らうぅ
らうぅ

“突っ張り棒”で探すとなかなか見つからんのよな。

別の用途のものを使うことになるで

ここで使用するのが

  • 屋内用物干し竿受け
  • 突っ張りシェルフ

このような物です。
但し、用途外の使用になりますので、その点注意してください。
※用途外使用につき商品例は割愛

必要なことは

  • 強く張れる
  • 両端が皿のように広くなっている
  • イレクターパイプの径より小さい(同径が理想)

ガッチリ固定さえできていれば、
イレクターパイプの固定方法を工夫すればいいだけなので何とかなります。
皿のように広くなっているとは次のような状態にあることです

脚の形状は広く

Ⅲ.その他(網・結束バンド)

イレクターパイプだけではパイプをくぐったり、
またいだりすることで抜けられてしまいます。
を貼って防ぎましょう。

イレクターパイプに対して結束バンドで締め上げればまず動きません。

網と結束バンドは100均で購入することが可能です。

3.【設置・組立】柱が先、固定のコツ【重要】

それでは設置・組立していきましょう!

CraftRackの場合はゲート自体を全て組んでから設置していました。
イレクターパイプの場合は設置と組立が行ったり来たりします。

このため、少し設置が難しくなってしまいます。

但し、正解が一つと言うわけでは無いのでご安心を。

あくまでも組みやすい方法をご紹介していますので、
最終的に強度が保てればOKです。

参考までに、我が家の設置順はこんな感じ、

ちぃ
ちぃ

…ごちゃごちゃ……

らうぅ
らうぅ

ごめん、頑張ったけどごちゃごちゃしたわ…

ちぃ
ちぃ

センスやな!

らうぅ
らうぅ

否定せんよ!

うーんでも、やっぱりクラフトラックに比べたら設置難しいのは間違いないかも

Ⅰ.柱を2箇所張る

まずは固定の要となる突っ張り棒を床と天井の間に張らします
この固定が甘いと、最悪の場合突っ張り棒が倒れてきて非常に危険です。
突っ張り棒設置のポイントは次の3点。

  • ①.梁(はり)の直下か壁の近くに配置する
  • ②.しっかり垂直に立てる
  • ③.張った後に横に力を加えてもズレないことを確認

どれも非常に重要なので順に解説します。

①梁(はり)の直下か壁の近くに配置する

強度的に床面は人や家具の重さを支える事もあり、
どこに配置しても問題にはなりません。

突っ張り棒で問題なのは天井です。

場所によりますが、特に梁からも壁からも遠い天井は、
突っ張り棒の張る力で天井が持ち上がってしまいます。

らうぅ
らうぅ

いつまでたっても突っ張りのネジがしまらないのはコレが原因。

無理に張りすぎると家に負担を掛けちゃうから注意!

これを避けるために出来るだけ

  • 壁に近い所
  • 梁の直下

に配置しましょう。
何もない所に比べて天井が持ち上がりにくいです。

ちぃ
ちぃ

梁の場所とかわかるん?

らうぅ
らうぅ

天井を棒でコンコン叩いたら音でわかるよ、

叩いて音が響かんところは梁に近いな。

②しっかり垂直に立てる

当然ですが、突っ張り棒は地面に対して垂直に立ててください。
斜めになると充分な強度が得られません。
倒壊する恐れもあり危険な状態になります。

垂直かどうかを確認する方法は

  • 出来るだけ遠くから見る
  • オモリを付けた糸を垂らす

このような方法で良いです。
遠くから見て垂直に立っており、
力を加えてみてズレなければ問題ありません。

らうぅ
らうぅ

強く垂直に張るために、突っ張り棒を天井に押し上げながら張るためのネジを回していくとズレにくいよ

③張った後に横に力を加えてもズレないことを確認

張った後には必ず突っ張り棒が横ズレしないことを確認しましょう。
ここが倒壊を防ぐために一番重要なポイントです。

いくら強く張っても、何度やっても横ズレしてしまう場合は、
前述の①・②のポイントを抑えられているか再度確認してください。

Ⅱ.柱にジョイントを設置する

柱にジョイントはめ込みます。

もし柱の径が細くてジョイントが柔らかい場合は、
紙などを折って挟み込めばしっかり固定できます。
ズレ防止のバンド形ジョイントで締め込むのもアリです。

外れたり、ズレたりしてはいけない所なのでキツめに設置する事。
我が家の形だとこのジョイントを最初に固定することになります。

この設置した高さがベビーゲートの高さになるので、
この時には高さを決めておいてください。
水平に設置するイレクターパイプは2本必要です。
網を使う場合はそれほどシビアに調整しなくても構いません。

Ⅲ.イレクターパイプをジョイントにはめる

イレクターパイプをジョイントにはめ込みます。

ここでゲートを設置する長さが決まります。
次の矢印に示すような長さを決めてはめ込みます。

完成画像しか無く…

Ⅳ.必要なパイプとジョイントを追加していく

はめ込む順番はベビーゲートの形状によって異なるため一概には言えません。

しっかり組むコツは、2つ以上のパイプが合わさる所は最後に固定する事です。
我が家のゲートならこれらは最後です。

後から付けるジョイント

これらの場所を最初に決めてしまうと組立てにくくなります。

らうぅ
らうぅ

雑な所は後回しにしていくのが組立のコツやでっ

Ⅴ.必要に応じて網を設置

網を設置することで確実に子どもの行動を制限することができます。
いつかは付けることになりますので最初から付けておいても問題無いです。
網は上下左右に動かないようにしっかりと結束バンドで固定しましょう。

次の図のように柱に対してたすき掛けするように固定すると、
少ない結束バンドでガッチリ固定することができます。

柱付近の網の固定

ズレ防止ジョイントで横ズレを防いでいます。
このジョイントと網を結束バンドでたすき掛けに固定することで、
上下左右どちらの方向にも動きません。

ガッチリ固定された網に対して、
次の網を固定し、イレクターパイプに対しても固定すれば、
こちらもしっかり固定されます。

網と網の固定

このようにして全ての網をガッチリ固定していき、完成となります。

ちぃ
ちぃ

うーん、、作れるかなぁ?

らうぅ
らうぅ

やっぱ設置場所によって全然形が違うからなかなか説明し辛いなぁ

ちぃ
ちぃ

あんまり自身無いかも…

らうぅ
らうぅ

こんなの作りたい!ってのあったらお問い合わせから連絡もらえたら相談のりますよ!ってことにしとこう

ちぃ
ちぃ

おっけー!出来やんだら聞く!

4.まとめ

イレクターパイプで作る超汎用ベビーゲート
作り方から設置方法までご紹介しました。
メリットとデメリットについておさらいです。

メリット
汎用性が高く、微調整から使用用途の変更まで自在にできる
・他に固定する家具が無くても設置可能
・クラフトラックに比べて強度が高いので安全
・そのままつかまり立ちの補助器具にもなった
デメリット
・組み立てるのが難しい
・そこそこコストが高い(既製品を買うよりは安い)

汎用性が広いので形によって組み方は大きく変わります。
少し難しいかもしれませんが、
作れてしまえば効果は絶大なので是非チャレンジしてみてください。

  • 既製品の使用
  • クラフトラックで作るコスパ最強ベビーゲート
  • イレクターパイプで作る超汎用ベビーゲート

これらを紹介してきました。
安全面から考えると既製品が使えるのであればそれが一番良いと思います。
それぞれのベビーゲートがそれぞれの良さを持っています。

イレクターパイプのベビーゲートを設置するのは、
既製品が使えず、クラフトラックを固定する家具が無い所となります。
かゆいところに手が届くものになるはずですので、
いい物が無ければぜひ導入を検討してみてくださいね。

どのベビーゲートにも言える事ですが、
設置は確実に行い、力を加えて強度チェックを忘れない事
子どもにケガをさせるようなことが起こらないようにしてくださいね。

長さも高さもお好みで!!【イレクターパイプ】のベビーゲートを設置 おわり 

コメント

タイトルとURLをコピーしました