MENU
現在テーマ移行に伴い表示が大きく崩れています。

【徹底解説】家づくりの第一歩!!タウンライフのメリット&デメリット

希望の間取りを複数のハウスメーカー(以下、”HM”と略します)に対して、
一括作成依頼できる“タウンライフ家づくり”と言うサービスがあります。

しかもこのサービスは無料で受けることができます。

無料!という言葉のインパクトに惹かれる方も多いのではないでしょうか。
しかし、ここで気になってくるのは

無料でこんなサービス、怪しくないの…?大丈夫?

利用したいと思ってるけど、利用することのデメリットもあるんじゃないの?

口コミや評判で、良いとは言えない情報がたくさん出ていて不安…

こんな心配がでてきますね。
そこで、この記事ではこんな方へおすすめしています。

  • タウンライフを利用しようか迷っている
  • 利用するにあたってメリットやデメリットを知っておきたい
  • タウンライフを利用したいが悪評が多くて心配

家づくりは、

  • 何も知らない所から人の方が多い
  • 人生の中で大きなお金を動かす希少な機会
  • 絶対に失敗したくない

誰もがこう思うはずです。
あなたの家づくりが満足のいくものになるために、
その一つの手助けになれればと思います。

自己紹介
目次

【8選】期待されるメリットまとめ。過度な期待は禁物!!

早速ですが、まずはタウンライフを利用する事で、
期待されるメリットについて一覧で紹介していきます。
詳しい内容については後に記載しています。
気になった項目の一番右”見に行く”から記事内の詳細部分にジャンプできます。

番号期待されるメリットの内容注意点注目度詳細解説を
1無料で利用できる希望する内容はしっかり書き込む
(5 / 5.0)
見に行く
2間取りを比較検討できる全てのHMから間取りが届くとは限らない
(5 / 5.0)
見に行く
3アイデアの引き出しが増えるHMによっては実現できない内容もある
(4 / 5.0)
見に行く
4見積もりも得られる比較材料としての見積もりと考える
(5 / 5.0)
見に行く
5値引を引き出せることがある値引きありきの見積もりに注意
(1 / 5.0)
見に行く
6検討・調査の時間効率が良い実際に見なければわからないことも当然ある
(3 / 5.0)
見に行く
7自宅でHMを比較検討できる手元に間取りが揃うとは限らない
(3 / 5.0)
見に行く
9家づくりを相談できる相談するなら営業電話は覚悟する
(2 / 5.0)
見に行く
タウンライフで期待されるメリットまとめ

【8選】想定されるデメリットまとめ。考え方を変えて利用しよう

次に、タウンライフを利用することで想定されるデメリットについて紹介します。
※メリット同様気になった項目の一番右”見に行く”から記事内の詳細部分にジャンプできます。

番号想定されるデメリット何故そうなる発想の転換注目度詳細解説を
1そもそも間取りが届かない・HMにやる気が無い。・丁寧な対応ができる会社かを確認する材料になる。
(5 / 5.0)
見に行く
2希望した間取りが届かない・要望が抽象的。
・そもそも打合せ無しで希望間取りは至難の業。
・各HMの”間取りの提案力”を試せる。
・あくまでも”比較検討”するためのものと割り切る。
(5 / 5.0)
見に行く
3個人情報を入力する必要がある・いたずらを防ぐためにも必要・展示場に行っても各モデルハウスで個人情報記入が必要であり、それと同じこと。
(4 / 5.0)
見に行く
4参加していないHMがある・タウンライフに登録してもらうための審査が厳しい
・タウンライフに割く労力が割に合わないと考えている。
・参加しているHMだけでも訪問する手間を省ける。
・地域のHMを知る機会になる
(3 / 5.0)
見に行く
5見積りや資金計画書はおおよその値段・家の金額が変わる要素は膨大で、簡単には決まらない。・複数社への見積もりであることを活かして”相場感の比較”のために使う。
(2 / 5.0)
見に行く
6営業の電話やメールが届くことがある・見込み客である以上仕方がない。無料と言えど相手も商売。・気になることがあれば利用して聞けばいい。
・簡潔に連絡不要と伝える。
(3 / 5.0)
見に行く
7建売やマンションは検討できない・注文住宅のみの取り扱いのため。・中途半端にあるよりも、注文住宅に特化している。
(1 / 5.0)
見に行く
8HM・工務店と直接やりとりする可能性もある間取りの希望を伝えるまでがタウンライフのサービスであるため・連絡してくる担当者ほど熱心かもしれない。
・簡潔に連絡不要と伝える。
(3 / 5.0)
見に行く
タウンライフで想定されるデメリットまとめ

【メリット詳細解説】過度な期待は禁物!!メリットを最大限に活かそう

まずは先に挙げた8つのメリットをそれぞれ詳しく解説していきます。

ただし、一般的に考える”メリット”とは異なり、
メリットとは言え手放しで喜ぶことができる内容ばかりではありません。

  • どのようなメリットがあり
  • どのような点に注意して利用しなければならないのか

2面性を客観的に見ながら各項目解説していきます。

無料で利用できる

全てのサービスを無料で利用できる

タウンライフでは次のサービスを無料で利用することができます。

サービス内容概要
間取りプラン作成依頼者の希望に沿っておすすめの間取りプランを作成してもらえる。
費用見積り・資金計画書の提案家本体以外の費用見積りを含めた資金計画書を作成してもらえる。
土地探し建物だけではなく、土地に関しても提案してもらえる。
タウンライフのサービス一覧

いくつかの項目をフォーマットに沿って入力し、
送信するだけで上記のサービスを一度に受けることができます。

入力内容はしっかり記入しよう

“数分で入力完了!!”と書かれていたりしますが、実際にはもっと時間がかかります。
確かに数分で入力を終わらせることは可能です。
しかしながら、希望する内容を具体的にしっかり記入しなければ、自分の思っている間取りからはかけ離れたものになるでしょう。

らうぅ

記入方法はこちらの記事で順を追って解説しているよ

間取りを比較検討できる

タウンライフの審査を通過した複数のHMにて、間取りを比較検討できる

1度フォーマットに従って希望する内容を入力します。
続けて間取りを希望する建築予定地域で契約可能なHMを複数選択します。
タウンライフを経由して入力した内容が、選択したHMに同じ内容で送信されます。
同じ内容を基に各社が間取りや資金計画を提案してくれるため、比較検討を行うことができます。

間取りを希望するHMは多めに選択しよう

全てのHMが確実に対応してくれるとは限りません。HMや担当者によってはパンフレットを送付する程度に留まったり、対応がない可能性もあります。このため、間取りを希望するHMは多めに選択することをおすすめします。

アイデアの引き出しが増える

アイデアの引き出しが増える。
1つのHMだけの話を聞いているだけでは視野が広がらない。
HMによってできること・できないことに差はあるので複数社の考え方に触れる事は重要。

家に求める希望内容は同じ内容で複数のHMに送信されます。
希望するからには、あなたが思い描く完成形が少しは頭の中にあるのでは無いでしょうか。
HMによってはこの完成形に近いものを提案してくれるかもしれません。
反対に、全く予想もしていなかったようなアイデアを提案してくれるHMがあるかもしれません。

このように、複数のHMに接触することで、より多くのアイデアに触れる機会が増えます。
これは家づくりを進めるにあたり、有利な知識として働いてくれるに違いありません。

らうぅ

たとえそのHMと契約しないことになっても、契約するHMに希望を伝えることができるよね

見積もりも得られる

間取りと同時に見積りや資金計画書までもらうことができる

間取りを得ると同時に見積りや資金計画書をもらえることもあります。

はじめて家を建てようと思った時には、家がいくらくらいする物なのかさっぱりわからないはずです。
肝心なのは

  • どのくらいの家が
  • どのくらいの値段で建つ見込みがあるのか
  • HMによってどのくらい差がでるものなのか

これらをなんとなく理解する事です。

見積りは比較のための指標として利用する

家の値段は建物本体の価格以外に、オプションや地盤改良費用、外構費用等も含めて考慮することが必要です。
本来値段は何度も打ち合わせを重ねてようやく決まるものであって、この時点でもらえる見積りは概算に過ぎません
見積りを出してくれたHMでいくらくらいで建てられる!という考えはなく、見積もりを出してくれたHM同士を比較して相場感を得るために利用しましょう。

らうぅ

我が家は一条工務店で建てています。
建築総費用も公開していますので相場感をつかみたい方は是非ご覧ください。

値引を引き出せることがある

相見積もりをしていることは他HMもわかっているため、本来の価格よりも値引きしてもらえることがある

タウンライフを利用する場合は、複数のHMに相見積もりをしていることはHM側も理解しています。
このため、競争意識が働くことにより通常よりも多く値引きを引き出すことができる可能性もあります。

ただし、家の値引きに関しては注意が必要です。
注文住宅は膨大な項目の積み上げで金額が決まってきます。
仮に値引き率が1%から2%に上がったとしても、

  • 建築総費用が1%上乗せされていたらトータル±0
  • 資材のランクを下げられたりする可能性もある

このようなことが起こらないとも言えないので、
注文住宅の大幅な値引きは期待しすぎないようにするべきです。

らうぅ

余談ですが、一条工務店は基本的に値引きがありません。
値引きが無いので明朗会計であったと思っています。
※上手く調整されている可能性もありますが

検討・調査の時間効率が良い

HMの検討・調査が目的の場合は対時間効率が良い

地域ごとに対応できる複数社に対して同時に希望を伝えるため、
効率よく多くのHMに接触できることが期待されます。

  • 地域密着型の知らない工務店に出会える
  • 複数社のパンフレットが手に入る
  • モデルハウスをまわって何度も同じ話をしなくてよい

パンフレットを手に入れるだけでもモデルハウスに行ってアンケートに記入して…と結構大変です。
インターネットでも情報は得られますが、パンフレットの方が最新情報がまとめられていて見やすいと思います。

とは言え、情報は得られてもそのモノの質感やどう感じるのかなど、
実際に見て、触らなければわからないことも多々あることは留意しておきましょう。

らうぅ

外壁の見栄えや質感、家具の開閉のしやすさや使いやすさといったことは、実際に見て触ってみないとよくわからないよ

自宅でHMを比較検討できる

自宅に居ながら資料がもらえるので、外に出なくてもHMの比較・検討ができる

タウンライフはインターネットで申し込み、資料は家に送付されます。

  • 忙しくて外出している時間が無い
  • 子どもがいるから訪問しても落ち着いて見られない
  • HMの違いをじっくりと確認したい

こんな方には打ってつけのサービスです。

しかしながら、間取りや資金計画書が全てのHMから送られてくるわけではありません。
パンフレットすら希望する全てのHMのものが揃うとは限りませんので次のように対応しましょう。

  • 実際にモデルハウスに行ってみる
  • 足りない情報はインターネットで調べる
  • 対応してくれないHMは見切ってやめる
らうぅ

揃えばラッキーくらいに思っておくのがいいね。
HMの担当者も無料サービスに多くの時間を割くほど暇じゃない事は理解してあげよう

家づくりを相談できる

家づくりに関する相談を”注文住宅相談センター”にすることができる

家づくりを相談できる人はなかなか周りにはいないものです。
タウンライフは“注文住宅相談センター“を備えており、
家づくりに関する相談をすることができます。

しかしながら、積極的に連絡する事はあなたが見込み客であることを示すことにもなります。
営業電話やメールが届き、煩わしく感じてしまうことがあるかもしれません。
ある程度は仕方が無いことなので覚悟しておきましょう。

  • 何度か電話やメールが来ることは覚悟する
  • 営業電話やメールをしてこないようにはっきり伝える
らうぅ

たった1回でも電話がかかってくるのは許せない!!
という方は利用するべきではありません

【デメリット詳細解説】悪い評判が多いタウンライフをどう利用するか

そもそも間取りが届かない

そもそも希望したHMの間取りや資金計画書が届かない

メリットの項でも触れましたが、
複数社に間取り作成を依頼しても必ずしも全てのHMから間取りや資金計画書をもらえるわけではありません。
対応の丁寧さはHM・担当者によって異なるので過度な期待は禁物です。

HM側としては直接契約に結びつかないことが多いので、
モデルハウスに直接来たお客さんに力を入れて対応することも理解できます。

  • 対応してくれたHMの中から積極的に検討する
  • 本命のHMから連絡が無いなら直接赴いてみる
  • 粗末な対応をするHMには見切りをつける
らうぅ

しっかり調べようとおもうと1社でもそこそこ時間を浪費します。
特に気になってもいないHMから連絡が無い場合は、
この時点で見切りをつけてしまうのもありかもね。

理想の間取りが届かない

思い描いていた希望の間取りが届かない

間取りは届いたけど思い描いていた間取りじゃないな…
ということは普通にあり得る内容です。

というのも、本来間取りの打ち合わせは何度も行って決めていくものであり、
要望したからと言って完璧な間取りが届くはずがありません。

HM側としてもあまり多くの時間を割けないでしょうから、
他HMと比較でき、叩き台として使えるレベルの間取り図がもらえたら良しとするべきでしょう。

仮にしっかりと要望を網羅した間取り図が送られてきたのであれば、
そのHMはやる気と提案力に長けているはずですので、一度赴いてみるのも良いかもしれません。

  • 希望通りの間取りを期待しすぎないこと
  • 比較したり、考え方を知るために利用するくらいが良い
  • この時点で良い間取りと思えたなら、直接連絡するのも良い

個人情報を入力する必要がある

個人情報を入力しなければサービスを受けることができない

タウンライフのサービスを利用するためには、
名前や住所の他、電話番号やメールアドレスといった個人情報の入力が必須となります。

個人情報は慎重に扱うべきであることに間違いはありませんが、
サービスを受けるために記入が必要なのは何もおかしなことではありません。
実際に、モデルハウスに行っても必ず個人情報を記入することになります。

口コミや評判を見ると、タウンライフを利用したことで

  • 営業電話やメールが届いた
  • パンフレット等の資料だけが送り付けられた

といったことはありますが、それ以上に個人情報が悪用されていると言った声は確認できていません。
営業電話やメールが嫌なのであれば、その旨をはっきりと伝えるようにしましょう。

参加していないHMがある

タウンライフで間取り作成サービスを依頼できないHMがある

タウンライフでは、厳しい審査基準をクリアしたおおよそ600社のHMが登録されています。
とはいえHMはもっとたくさんありますので、参加していないHMも多くあります。

らうぅ

我が家が建てた一条工務店も参加していないよ!

何故参加していないHMが出てくるのかというと、次のようなことが考えられます。

  • タウンライフが参加するために厳しい審査基準を出している事
  • タウンライフに割く労力が対価に見合わないとHMが判断している

しかしながら、自分で調べて気になっていたHMに依頼できない!となっても、
他HMから届いた間取り図は、自分のアイデアの引き出しとして今後に生かすことができます。
ここでも、出来るだけ多くのHMの考え方に触れる事は非常に大切なことです。

  • 希望する地域にどんなHMがあるのかを知る機会になる
  • 参加しているHMだけでも直接赴く手間が省ける
  • 自分で調べて気になるHMは直接赴くべき

見積りや資金計画書はおおよその値段

見積もりや資金計画書は概算であり、実際にかかる総費用とは差が生じる

間取りと同時にもらえることがある見積りや資金計画書。
ここで示される金額はあくまでも概算の金額に過ぎません。

家を建てる総費用がいくらになるかは、家本体の価格に加えて

  • 外構
  • 地盤改良
  • オプション

といった多くの要素が絡んで決定します。
営業担当者の経験でおおまかな平均金額を出し、それを基に見積もられているはずです。
外構やオプションにどれだけの金額を掛けるかは人によって大きくかわるので、どうしても概算になります。

1社だけの見積もりであれば、なかなかどう捉えるべきか難しいかもしれません。
しかしながらタウンライフは一括依頼ができるので複数社から見積りや資金計画書がもらえることが期待されます。
これにより、HM毎の相場感がわかります。

  • 地域密着型のHMなら2000万程度であったり
  • 大手HMならそもそも3000万を超える見積りであったり

概算見積もりとはいえ、比較することで有効に扱うことができます。
上手く利用しましょう。

営業の電話やメールが届くことがある

営業の電話やメールが届くことがある

営業の電話やメールが届くことも考えられます。

サービスを利用している時点で、
家を建てる気がある⇒見込み客
の構図ができあがってしまうのである程度はしかたがありません。

タウンライフでは、HMによるしつこい営業連絡を禁止しています。

連絡をしてほしくない旨を伝えてもしつこい連絡が来る場合は、
タウンライフに相談してみるのも良いでしょう。

建売やマンションは検討できない

建売住宅やマンションには対応しておらず、検討することができない

タウンライフでは注文住宅を検討する場合のみ利用できるサービスです。

  • 建売住宅
  • マンション
  • 中古物件等

これらを希望する方に利用できるサービスではありません。

らうぅ

あれもこれもやっているよりシンプルでわかりやすいよね。

HM・工務店と直接やりとりする可能性もある

一括間取り作成依頼をしたHM・工務店と直接やりとりする可能性がある

間取りの一括依頼自体はタウンライフが行いますが、
そのあとの依頼者とのやりとりは基本的にタウンライフを通すことがありません。
このため、間取り作成を希望したHMと直接やりとりする可能性があります。

  • 気になっているHMであれば積極的に連絡を取るのもよい
  • 興味が無いHMならば連絡をしてこないように伝える
  • やる気がありそうな担当者なら連絡を取るのも手
らうぅ

少しくらい連絡が来ることは覚悟しておこう

まとめ

タウンライフのメリット・デメリットをまとめました。

デメリットをどう許容しメリットと考えていくのか

これがタウンライフを利用する上で心得るべきポイントとなってきます。
どうしても無料サービスである以上、最高の質を求めることはできません。

しっかりとした間取りが送られてきて検討できれば最も良いですが。
複数社に一括依頼していることを最大限に利用し、
見方を変えて利用していくことも重要です。

【徹底解説】家づくりの第一歩!!タウンライフのメリット&デメリット おわり

らうぅ

タウンライフの具体的な利用方法はこちらの記事で詳しく記載しています。
入力フォームの詳しい説明もしているので是非利用してくださいね。

\ 家づくりはここからはじまる/

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる