スマホ料金が更に安く!?【povo2.0】と1.0の請求額を比較

生活

auより2021年3月に【povo1.0】が発表されてから約半年、
同年9月末より新しい料金プラン【povo2.0】がスタートしました。
(povo2.0のスタートにより、povo1.0の新規受付は終了しています)

私も早速povo2.0に切り替えて利用しています。
そして1か月経ち、実際にかかった料金が確定したので紹介します。

結果的には…
povo2.0の利用で、povo1.0に比べて月額料金が1/3以下になりました。

らうぅ
らうぅ

ピタットプランを利用していた1年前と比べると約1/5になっています。

でも、一言にスマホ料金と言っても機器代金とか保証料とか色々ありますね。
そこで、当記事はこんな方におすすめしています。

  • 自分が移行したらいくらくらい安くなるんだろう?
  • 純粋に通信料でどのくらいの差があるの?
  • povo2.0って結局、お得なの?

スマホ料金請求額の内訳をできる限り具体的に紹介していきます。
あなたの現在の請求内容と照らし合わせてどのくらい安くなるのかシミュレーションしてみてくださいね。
きっとpovo2.0にしたい!と思うはずです!

自己紹介

povo2.0とpovo1.0の利用料金詳細を比較

povo2.0と1.0のの利用料金比較

povo2.0切替後の30日分の料金と、
povo1.0切替後(4月分)の月額料金を比較します。

  • 正式通知による金額がまだ出ていませんので速報値です
  • どちらも機器代金は含んでいません
  • povo2.0切替後、故障サポートを付加していません
月額料金 年間料金(円/年) 備考
povo2.01,034(円/30日)12,580故障サポート(830円/月)無し
付加すると22,540(円/年)
povo1.03,748(円/月)44,976故障サポート有り
差額-2,714-32,396故障サポート有りなら
差額(-22,436円/年)
povo2.0とpovo1.0の料金比較

年額換算にして32,396円もスマホ代金を削減することができました。
故障サポートを付けていたとしても22,436円もの大幅削減となります。

ちぃ
ちぃ

3万円以上も安くなるんか!でも故障サポート無し怖くない??

らうぅ
らうぅ

そうやなぁ、ちょっとリスク高い気もするから付加を検討するよ。
付加しても年間2万くらいは安くなる見込みやでなぁ

ちぃ
ちぃ

付けてなかったら多分壊すで!

らうぅ
らうぅ

外出増えたら壊しそうやなぁ、バックアップ体制作っとかんといざと言う時困りそう

ちぃ
ちぃ

バックアップ体制?例えば?

らうぅ
らうぅ

楽天モバイル持つのもいいかなぁって、UN-LimitⅥのプランやったら1GBまで0円やろ?壊したときのつなぎとかに使うのにええよなって考えてる。家の中はWi-fi環境やから通信量消費せんから毎月0円のはず!

ちぃ
ちぃ

なるほどそれええな!

らうぅ
らうぅ

機器代金はかかるから、実質どのくらいお金かかるか今度確認してみるわ!

購入したpovo2.0のトッピング

povoは基本料金0円で、データ容量等は”トッピング”で都度購入です。
データ容量に対しては以下のようなラインナップがあります。

期間データ容量(GB)税込価格(円)
24時間330
7日1390
30日3990
30日202,700
90日606,490
180日15012,980
povo2.0トッピング

この他にも通話やコンテンツに対するトッピングがありますがここでは割愛します。

今回私が購入したトッピングはこちらです。

30日間・3GB・990円(税抜)

先程月額料金1,034円と記載しました。
1,034 – 990 = 44円 はメッセージや通話の利用料です。

らうぅ
らうぅ

外で動画を見たりゲームをしないから、1日のデータ使用量はおおよそ0.1GB!

30日でちょうど3GBを消費するから丁度いいんだよね!

ちぃ
ちぃ

おー、今月はどんな感じやったん?

らうぅ
らうぅ

30日終了時点で残りデータ量が0.9GB!!ギリギリセーフやったよ!

ちぃ
ちぃ

なんと!”ピタットプラン”よりピタット!!

らうぅ
らうぅ

このくらいの使い方ができるとすごく安くなるんよな~、

月々のスマホ料金がpovo1.0の1/3やで?すごない??

ちぃ
ちぃ

すごー!固定費削減やっ!

povo2.0はデータ利用量が少ない人が特に安い

povo2.0は基本料金が0円、
更にトッピングもデータ利用量が少ない人は恩恵を受けやすいものになっています。

povo2.0とpovo1.0の料金を比較してみます。

povo期間データ容量(GB)税込価格(円)1日当たりの値段(円)
2.030日399033.0
2.030日202,70090.0
2.090日606,49072.1
1.01か月(平均30.4日)202,72889.7
povo2.0と1.0の料金比較
povo2.0のポイント
・トッピングの期間は”30日”等、日数であり、月単位では無い
  ⇒月単位なら年間12回払いだが、30日単位なら年平均12.175回の支払い
・30日の間に”3GB-30日”を3回以上買うと”20GB-30日”より高くなる
  ⇒30日で6GB以下の使用量なら2回買った方が安い
  ⇒6GBを超えるなら”20GB-30日”の方がお得
・”20GB-30日”より”60GB-90日”のまとめ買いの方が割安
  ⇒普段からデータ使用料の多い人はまとめ買いがおすすめ
povo1.0のポイント
・データ使用量0GBでも20GBでも値段は変わらず¥2,728-
  ⇒データ使用量が少ない人は割高感がある
povo2.0とpovo1.0比較のポイント
・データ使用量が30日で6GB以下ならpovo2.0が圧倒的に安い
・データ使用量が30日で6GBを超え20GB以下ならpovo1.0も2.0も大差ない
・データ使用量が毎月6GBを超え20GB以下ならpovo2.0の90日まとめ買いがお得

料金だけを考えた場合、povo1.0を利用するメリットは特にない
らうぅ
らうぅ

Wi-fi環境下に常に居られる状況が続くのであれば、その期間はトッピングせずに0円で過ごすことも可能!!povo1.0やとこの場合でも2,728円かかっとったで!

ちぃ
ちぃ

えっ!povo1.0オワコン!?

らうぅ
らうぅ

料金体系がわかりやすいってこと以外に大したメリット無いしね…。

povo1.0の新規受付が停止されるのも納得の料金設定やな

povo2.0 切り替えで固定費大幅削減が可能

povo2.0の料金体系に上手くハマれば月々の支出を大幅に削減できます。

らうぅ
らうぅ

固定費は家計を圧迫するから、健全な家計維持のために一番に見直すべき重要ポイント!!

今の社会では携帯電話を持っているのが当たり前になってきています。
毎日外で動画を見たりゲームをして月々のデータ通信量と戦う人が居る中で

  • 月に数回電話するだけでSNSは必要無い
  • 家族や友人と連絡するためのLINEくらいにしかデータ通信を使わない
  • 基本的に家にいて、wi-fi環境があるからデータ通信量は少ない

こんな人は絶対に多いはず。
povo2.0はこんな方々の固定費を大幅に下げる事ができるプランです。

らうぅ
らうぅ

外でSNSを使って、たまに動画を見るくらいの人なら削減効果大!!

当記事ではpovo2.0とpovo1.0を比較して大きく月額料金が下がったことをお伝えしましたが、
1年前はpovo1.0すら存在せず、auの場合は“ピタットプラン”が主流でした。

ピタットプランからpovo1.0(当時は単にpovo)へ移行した時も、
スマホの月額料金は大きく下がっています。
実際の請求金額はこちら

  • 実際の請求額なので月単位で若干変化します
  • スマホ本体の機器代金は除外
  • Apple製品保証(868 (円/月) )を含む
月額料金(円/月) 年間料金(円/年)
ピタットプラン5,00760,084
povo(現povo1.0)3,74844,976
差額1,25915,108
らうぅ
らうぅ

ピタットプランからpovoへ切り替えた時の料金比較詳細はこちら
【povo】4月分請求額公開!!変更前後の料金比較をやってみた

月々5,000円も払っていたものが月額で1,259円も安くなり、
年額にして15,000円もの固定費削減に成功しました。

らうぅ
らうぅ

先程の表は私1人分の比較です。実際は妻の方が削減効果金額が大きく、2人で年額58,000円もの固定費削減に成功しています。

povo2.0はそこからさらに月額料金をグッと下げることが可能になったプランです。

我が家の場合、ピタットプランとpovo2.0を比較すると、
年額で47,504円(故障サポート有りなら37,544円)も固定費削減に成功しています。

ちぃ
ちぃ

4万…!!

らうぅ
らうぅ

これ1人分やからね、妻も同様に切替できたら削減金額は倍やで!!

トラブルは自己解決!!povoへ移行するデメリット

固定費削減に大きく寄与するpovoですが、メリットだけではありません。
povo2.0とpovo1.0どちらにも言える事ですが、
ピタットプランから移行するにあたってはデメリットが存在します。

らうぅ
らうぅ

毎月トッピングを手動で追加しやなあかん手間があるのもデメリットと言えばデメリット…

ちぃ
ちぃ

そっか今までは自動更新か!

らうぅ
らうぅ

まぁ大した手間じゃないんよな、そんなことよりも最大のデメリットはコレやで!!

povoの最大のデメリット、それは

トラブルがあった時に自分で調べて対応しなければならない

ピタットプランであればスマホの故障や通信に関するトラブルがあった場合、
近くのauショップに駆け込めばスタッフの方が対応してくれました。

これに対しpovoは店舗でのトラブル対応を一切受け付けていません。
次の方法で解決することが必要になります。

  • 自分で調べて解決する
  • 専用チャットにアクセスしてオペレーターにチャットで相談する
ちぃ
ちぃ

スマホの月額料金ってほぼほぼ人件費に思えてきた…

らうぅ
らうぅ

そういうイメージでいいんちゃうかな。

トラブルさえなければただただ安いだけやな。

ちぃ
ちぃ

実際にトラブルとかあったん?

らうぅ
らうぅ

無いよ!!と言いたいところやけどpovoに切り替えた時にあったんさな~。

それについては記事にまとめてるから確認してね

まとめ

povo2.0とpovo1.0の比較で更にスマホ料金が安くなりました。

povo2.0のメリット
・スマホ料金が安くなる
・月々のデータ使用量6GB以下の人は特に安くなる
・Wi-fi環境下に居続けられるならトッピング無しで月額0円も可能
povo2.0のデメリット
・トラブルの多くは自分で調べて対応しなければならない
・トッピングが切れるたびに手動でトッピングを追加する手間がある

auで契約している方で、スマホ料金をとにかく安くしたいならpovoがおすすめです。
窓口でトラブル対応してもらえないことがpovo最大のデメリットであるため、
このデメリットを許容できない人はpovoに移行することをおすすめしません。

実際に私もSIM移行時にトラブルを起こしましたが、なかなか大変でした。
とはいえ、固定費削減の効果は非常に大きいので、このくらいの不便は許容しています。

楽天モバイル等の格安スマホプランにせずとも、
auのpovoの他にも、docomoのahamosoftbankのLINEMOといった安価なプランができたおかげでスマホに対する選択肢が広がりました。
個人的には電波が届きにくい所に行くことが度々ある関係で、
いざと言う時のために大手キャリアの回線を必要としているのでauで契約しています。

そのような機会も無ければ格安スマホでも全く問題無いでしょう。
個人の事情に合ったスマホプランを選び、固定費削減を狙いましょう。

スマホ料金が更に安く!?【povo2.0】と1.0の請求額を比較 おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました